◆◇滝野川地区加盟商店街・会◇◆
 
地区 No 商店街・
振興組合名
会 長
理事長
現 況
滝野川地区商店街 1 東田端一丁目
商店会
小垣内 昭司  当商店会はJR田端駅北口、ふれあい橋を右に降り隣接する落ちついた雰囲気を持つ商店街である。
 現在商店会発展活性化の為、連合町会有志の方々と田端駅東口新設の運動中で将来の希望としている。
2 田端新町
仲通り商店会
島田 富一郎  JR田端駅の東側、与美踏切りより明治通りに至る約150mの商店街である。当初沿道居住者の相互親睦の目的にて「田端新町仲通り会」を発足させ、昭和50年5月現在の「田端新町仲通り商店会」に変更、商店街としての装いを新たにした。
3 むつみ通り
商店会
笠間  厚  当商店街は、JR田端駅と西日暮里の中間に位置し、近接地は、マンション、オフィスビルがあるものの、ここ5、6年の間に郊外に移転した事務所も多く、空店舗が目立つ。この変化に如何に対応するかが商店会の課題です。
4 田端駅通り
商店街
振興組合
羽鳥 雅雄  明治末から大正、昭和にかけてこの地は、芥川龍之介に代表される日本でも屈指の芸術文化村であり、現在、地域にとっても貴重な文化資産となっている。地域の文化を大切にする、環境に優しい商店街、としての活動を続けている。
5 田端高台通り
商店会
山口 静男  田端駅に最も近い位置にありながら対象客は地域住民がほとんどで、最寄品店が多く近隣型商店街の域を出ない状態である。最近は世代交代が進み若手経営者が多くなり、会の事業に積極的に取り組み、現状を打開し意欲的に活動している。
6 田端銀座
商店街
振興組合
斉藤 廣巳  田端銀座商店街近隣には多くの大型店が出店しており、そのため組合員一同は年間を通じ様々なイベントを行っている。「ふれあいロード田端銀座」をスローガンに掲げ、地域密着型商店街を目指している。
7 上中銀座
商店会
佐藤  晃  JR東北線に架るエレベーター付跨線橋「さわやか橋」にちなみ「さわやか橋通り」の愛称を付けるなど、会としての活動を盛り上げ継続して行きたいと努力している。
8 霜降銀座栄会 野崎 哲也 山手線と南北線の駒込駅から数分の所に位置する。リサイクル材を使った霜降商店街オリジナルお買物袋「シーチャンバック」を低価格で販売し、そのバックを持ってお買物すると色々な特典やサービスが受けられる。
9 西ヶ原銀座
商店街
振興組合
伊沢 大和  地下鉄南北線「西ヶ原駅より5分」と非常に便利に成った。当商店街は、お客様の身に成って温かいハートと会話で接客する<新しい楽しい>商店街を目指している。
10 西ヶ原銀座
商栄会
 店舗の減少に加えて、地域の人口も減少する傾向にありますが、地区のお客様に愛される商店街づくりのために、若手会員さん達が企画部員と成り、商店会の活性化を目指して取り組んでいる。
11 滝三通り
商店会
広井 勝美  当商店会は会員の共同の福祉と相互親睦を目標に結成された。商店会及び地域社会の繁栄を目指し、団結してこの難局を乗り切って行く。
12 飛鳥山商店街 上野 直美  飛鳥山公園を正面にし、競争横丁を中心とした商店街です。高速王子線の工事の影響は大きく、顧客の減少も著しく大変厳しい時期を迎えている。道路完成時には街路灯、カラー舗装等の整備も行い、若い商店主を中心として新しい活力ある商店街を造り上げていきたい。
13 滝野川馬場
商店会
八巻 直人  生協等大型店の進出やコンビニの影響を受け、店舗も減少したが、街路灯の建て替え等によるイベントの実施にともない会員の増強を図り、40店舗まで回復している。
14 滝野川八幡
通り商店会
中川 広毅  住宅地の中にある地域密着型の当商店街は、盆、暮の福引大売出しを始め、イベントが一年中目白押し。お客様と商店が一体化した誰もが家族のような楽しい、心癒される商店街です。
15 宮元商店会 金子 敏明  生鮮品を中心とした近隣型商店街です。中仙道の拡幅と王子高速線の工事もようやく完成間近となり、周辺環境が整備され、商店街の美化と活性化にとり組んでいる。
16 御代の台
仲通り商店会
福田 弘昌  高速王子線の開通で、国道17号線沿いの商店の大巾の減少もあったが、地域社会に密着する事により何とか、商店街活動は維持、推移されている。 今「滝野川五商会」を中心とした、資源回収とリサイクル事業に積極取組中。
17 滝野川市場
通り商店街
振興組合
大嶋 孝之  現在500mの両側商店街で、スーパーコモディーイイダを核とする商店街に形成され現在に至っている。生鮮食料品を主力とするため、地元客に少しでも満足いただけるよう、下町のデパートとしてお客様に愛される商店街づくりを目指している。
18 滝野川さくら通り商栄会 中野 宰至  平成8年に東口商栄会の「シンボル灯」を竣工し、商店街の入口の装いを新たにする。「近藤勇」の墓前祭を毎年4月25日に行ない、「商栄会」のイベントとして更に盛り上げる予定。
19 田端新町本通り商店会 松岡 秀人  地元地域は駅より近いのに工場が多く、また地元町会にも活躍している。毎年10日には無儘会を行い、意志疎通を計り商店会の発展に努力している。
20 滝野川銀座
商店会
清水  正  戦後の復興により商店も復活し、商店会は各商店がそれぞれ個性を強く打ち出して結束を固め、地域の環境の変化に対応して成り立っている。
21 きつね塚
商店会
山本  稔  伝統的に会員の団結心が強く商店会活動にも熱心で、30年近くになるスタンプサービスを始め、年間催事も多数実施している。今後も婦人部共々、常にお客様のニーズに応え、マンネリにならない様積極的に変革、見直しを心掛けたい。
(C) 2002 by Kita Shoren